恒例のセフレとお泊り

先週ちょっと面白い所へセフレと遊びに行きました私です。
セフレとお泊りする際に気をつける事があり、それはプレイの内容的にホテルでないと片付けるのが大変という事です。スカとかSMではありませんがベッドがビショビショになってしまうので普通に寝る事もままなりません(笑) なのでラブホテルや一般のホテルであれば多めにタオルを貸してもらうなどして対処しています。

今回行った所は箱根小桶園ユネッサンという所です。水着を着て男女混浴で遊べる温泉施設なのですがワイン風呂、酒風呂、コーヒー風呂など風変わりな温泉がたくさんある施設なのです。で、何が楽しいかと言うと公然と水着女性とお風呂に一緒に入れる事が最大の楽しみ方。しかし、お客さんは年上の女性が多く若い子はチラホラといる感じでした。もちろん、セフレも水着で一緒に入るのですが私が用意した水着を着させる事にしました。今回用意した水着は、水着として機能しているか謎で、生地面積がとても狭いのです。それを着せられて恥ずかしがるセフレを見て、触って楽しんでいました。その後、大体3時間くらい温泉で遊んでいましたが湯の温度がそれほど高いわけでもなく、屋外にあったりするのでのぼせる事もありません。しかし、3時間もいじられ続け周りから視姦されたセフレは既にビチョビチョ大洪水でした(笑) そこからは夕食の時間までやりまくりでセフレは足腰立たない状態まで追い込まれ夕食をパスと言うので無理矢理連れて行きました。

今回行ったユネッサンはとても楽しい所だったのでまた行ってみたいと思います。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ